ここがページのトップです

技術情報

地中連続壁基礎工法

概要

地中連続壁基礎は、地中に築造したRC連続壁をそのまま構造物の基礎本体に利用するもので、従来からの杭基礎、ケーソン基礎、鋼管矢坂井筒基礎などと並ぶ基礎工法です。

特徴


  1. 地盤との密着性に優れており、基礎の大きさに較べて大きな支持力が得られます。

  2. 任意の形状を設定できます。

  3. 閉合断面とすることにより、剛性の高い基礎が構築できます。

  4. 単体壁の組み合わせにより、基礎の方向特性を任意に設定できるので、合理的な設計が可能です。

  5. 軟弱地盤から岩盤まで幅広く適用できます。

  6. 地上からの機械施工のため安全です。

  7. 周辺地盤を乱さないので近接施工が可能です。

  8. 振動?騒音など建設公害を少なくできます。

  9. 工期の短縮が可能です。

  10. 基礎用地の縮小が可能であり、全体として経済的です。

工法協会

欧美人与禽交片mp4/亚洲国产精品中文字幕/八度影院/h动画