ここがページのトップです

技術情報

EPO-SOIL工法

浚渫土の植栽土壌への改質技術

概要

海域の浚渫土は塩分を多く含み、湖沼?河川の浚渫土は硫化物を含む場合があるため、そのままの性状では植栽用土等へ有効利用することは困難です。「EPO-SOIL工法」は、そのままでは利用困難な浚渫土を、PFP工法による脱水工程を経ることで、植栽土壌として利用可能な土壌へ改質する技術です。

原理

「EPO-SOIL工法」は、化学的処理と物理的処理を組み合わせることにより、置換処理と酸化処理と中和処理と高圧脱水により改質されます。
1.置換処理
 カルシウムイオンに加え、土壌に吸着しているナトリウ
 ムイオンを置換除去します。
2.酸化処理
 酸化剤を加え、植物に有害な硫化物を酸化除去します。
3.中和処理
 酸化処理された土壌をpH調整します。
4.高圧脱水
 泥濘化しやすいナトリウム土壌をカルシウム土壌に変え
 るとともに、高圧脱水することにより生成されるケーキ
 は、粘土粒子が凝集し、耐水性団粒となります。

特徴


  1. 浚渫土を高圧フィルタープレス脱水処理による数時間での処理で植栽用土壌に改質します。

  2. 浚渫土の有効活用を促進でき、減容化とリサイクルの両立が可能となります。

お気軽にお問い合わせください

欧美人与禽交片mp4/亚洲国产精品中文字幕/八度影院/h动画